つうさにメモブログ

つうさにがメモをブログとして書いていくところ

macOSでLaTeX環境(Drag & Drop UpTeXを使って)

さっきDrag & Drop UpTeX 2019をインストールしたので。

2020/05/13 追記あり

macOSLaTeXを使えるようにするまで

TeXオープンソースソフトウェア (OSS) ですが、多くのOSSとは異なり自分でソースからビルドしてインストールすることはほぼありません。多くの場合、LaTeXを扱うにはTeX関連のバイナリ、ツール、スタイルファイル、フォントなどをまとめて含んでいるTeX distributionをインストールして、LaTeX環境を構築します。

TeX distributionはいくつかありますが、日本語なLaTeXをするならpLaTeXなどが含まれているTeX Liveをインストールします。今回はTeX Live 2019をmacOSにインストールする話です。

TeX Live

TeX LiveではTeXに関連するありとあらゆるファイルがそれぞれパッケージとなって収録されています。TeX Liveに収録されている全てのパッケージをインストールするとなるとそこそこ容量が必要です1TeX Liveは、全体ではなく、自分が必要な一部のパッケージのみインストールすることも可能です。

TeX Liveはインストール時の設定でインストールするschemeを設定でき、それによってインストールするパッケージを調整可能です。scheme-fullでは全パッケージをインストールし、scheme-smallでは一部をインストールします(他にもいくつかschemeがあります)。

日本語なLaTeXするだけならscheme-fullでインストールするのは正直言って無駄が多いです。しかし、TeX Liveのパッケージ管理システムは依存関係が適切に記述されていない場合もあり、その場合自分で必要なパッケージを探してインストールする必要があります。この作業が難しい、面倒と思う方は、scheme-fullで全てのパッケージをインストールしてしまう方法が安全(楽)かもしれません。

macOSTeX Liveをインストールする方法

macOSTeX Liveをインストールする方法はいくつかあります。

簡易チャート
  • macOS用のpkgファイルを使って(GUIで)インストールしたい
    • MacTeX もしくは BasicTeX
  • コマンドラインでインストールしたい
    • TeX Live公式の方法 → install-tlスクリプト
    • brewでインストール → brew cask install basictex
      • mactexmactex-no-guiもある
  • <なんとか>.appのドラッグ&ドロップでお手軽にインストールしたい
    • Drag & Drop UpTeX
Drag & Drop UpTeX

Drag & Drop UpTeXとは、日本語環境のLaTeXを使うのに必要最低限が入っているmacOSアプリケーションです。Drag & Drop UpTeXにはscheme-smallとcollection-langjapanese(TeX Liveで提供されている日本語用パッケージのコレクション)をインストールしたTeX Liveが内蔵されており、アプリのドラッグ&ドロップで日本語なLaTeXがすぐ使えるようになります。

macOSユーザが望みがちなヒラギノを使うための設定(TLContribの設定、ノンフリーなヒラギノを使うためのパッケージのインストール)も済まされており、簡単にヒラギノを埋め込むことができます。

ということで、今回はDrag & Drop UpTeXをインストールします。

Drag & Drop UpTeXでTeX Liveをインストール

ReadMeに従ってください。dmgファイルをダウンロードして、展開して、/ApplicationsにUpTeX.appをドラッグ&ドロップするだけです。

UpTeX.app初回起動時にヒラギノフォントのシンボリックリンクの作成などをしてくれます。macOSにインストールされているフォントのための補助スクリプトを端末で実行する必要はありません。

環境設定でdvipdfmxがPDFに埋め込む日本語用フォントをGUIで指定できます。Drag & Drop UpTeXでは端末でコマンドを実行することなく簡単にGUIヒラギノに変更できます(もちろんTeX LiveデフォルトのIPAexフォントにもGUIから変更できます)。

最後に、.bash_profileなどを編集しPATHを通せば、端末でplatexdvipdfmxコマンドが使えるようになります。

Drag & Drop UpTeXを使って簡単に日本語LaTeX環境を整えられました。

TeX Liveのパッケージをアップデート

Drag & Drop UpTeXをインストールした後はtlmgrコマンド(TeX Live managerの意味)が使えます。インストールされたパッケージで更新を取得したいならなら以下のコマンドを実行してください。

tlmgr update --self --all

LuaLaTeXできない...

日本語なLaTeXとして、platexではなくlualatexluatex-jaを使いたくなる事もあるでしょう。私が試した限りでは、この場合、Drag & Drop UpTeXをインストールしただけではコンパイルできませんでした。

Drag & Drop UpTeXをインストールした直後の環境(tlmgr installを使っていない状態)で以下のファイルをlualatexコンパイルすると、ctablestack.styがないと怒られてしまい実行が中断してます。

\documentclass[11pt,a4paper]{ltjsarticle}
\usepackage{luatexja}
\usepackage[hiragino-pron]{luatexja-preset}

\begin{document}
luatex-jaで日本語
\end{document}

% Local Variables:
% TeX-engine: luatex
% End:

よって、ctablestack.styをインストールする必要があります。ctablestack.styをインストールするにはまず、ctablestack.styファイルがTeX Liveにおいて何のパッケージの中に含まれて収録されているのかを知る必要があります2

以下のコマンドでそのファイルの収録パッケージ名がわかります。

$ tlmgr search --global --file ctablestack.sty
tlmgr: package repositories
    main = http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet (verified)
    tlcontrib = http://contrib.texlive.info/current (not verified: pubkey missing)
ctablestack:
    texmf-dist/tex/luatex/ctablestack/ctablestack.sty

これでctablestack.styファイルはctablestackパッケージとしてTeX Liveに収録されていることがわかりました。

パッケージ名がわかったら、以下のようにしてインストールします。

tlmgr install ctablestack

そうしたら、lualatexコンパイルに成功しました。PDFができています。いいですね。

LaTeXソースファイルをコンパイルしたときに、このスタイルファイルが見つからない、と言われたときは上のような手順を取るといいでしょう。

終わり

Drag & Drop UpTeXでのインストールはすごい楽なので、macOSLaTeX環境を整えたい方は使ってみてはいかがでしょうか。

最後に、TeX Liveを維持してくれている方、様々なTeX関連のファイルを維持してくれている方に圧倒的感謝です。

参考

2020/05/13 追記

TeX Live 2020は別の方法を使ってインストールしました。

tsuu32.hatenablog.com


  1. と言っても7GB程度であり、依存関係の問題もあって普通全てのパッケージをインストールすることがオススメされます。

  2. なぜこのようにTeX Liveでのパッケージ名をまず調べなければいけないのかというと、たまにスタイルファイルの名前とTeX Liveに登録されているパッケージの名前が違うことがあるからです(tlmgr installではTeX Liveでのパッケージ名を指定する必要がある)。